ハズブロ マーベルレジェンド アルティメットキャプテンアメリカ

本日はHASBRO MARVEL LEGENDS HIT MONKEY(ヒットモンキー)シリーズよりULTIMATE CAPTAIN AMERICAのレビューです。

2012年ごろ販売。

正直、このフィギュアはお気に入りではないのです。

Toybiz版や今年販売された20周年版のほうがかっこいいです。

しかしこのフィギュアが販売された当時、トイビズからハズブロにマーベルレジェンドシリーズが引き継がれてから数年がたっていましたが、トイビズ版と同様のクオリティのフィギュアをハズブロは出せていませんでした。

しかし、このヒットモンキーシリーズから品質がグッと上がったように感じたので買ってたことを覚えています。

そんな理由だったのですが今回いじっていると結構いい感じにポーズも決まったので少し好きになりました。

ではレビューです。

素立ち

プロポーションはあまりよくないですね。

ずんぐりむっくりな気がします。

でも筋肉質です。

背面
サンドトルーパーとの比較

大きさは約16㎝です。

一般的な6インチフィギュアですね。

バストアップ

いかにもアメリカ人な顔をしていますね。

眉毛も金色です。

ベストの後ろ

いい感じの汚し塗装がされています。

雰囲気は出ています。

右足ホルスターの銃は取り外し不可です。

付属品はキャプテンアメリカの象徴である盾です。

背中のダボ穴に盾の突起を刺すことで固定できます。

トイビズ版と比較

質感スタイル、造形ともにトイビズ版のほうが優れていますね。

しかし、ハズブロ版のほうがガシガシ動かせる気がします。

可動範囲

可動は一般的なハズブロのマーベルレジェンドシリーズと同様かと思います。

よく動きます。

上向き
下向き
腕の可動

肘は二重関節です。腕を水平に上げることも楽々です。

前傾
のけぞり

腹部の可動も一般的ですね。

これぐらい動くと個人的に満足です。

足の可動

足も少しクセがありますがポーズをつけるのに必要な分は十分可動します。

アクション

構えて
キック
キャプテンアメリカの象徴的なポーズで
ライバルのレッドスカルと

素立ちなどではこのフィギュアの魅力は全然わかりません。

とりあえず適当にポーズをとってみるとかなり印象は変わります。

まあアクションフィギュアや特にアメトイ全般に言えることですが。。

今回のフィギュアのように個人的にお気に入りではないフィギュアもいくつかあるのでそういうフィギュアもどんどんレビューしていこうと思います。

私が好きでなくとも好きになってくれる方もいらっしゃるかもしれませんので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です